日記

📷さよなら30D

エラー音鳴り響かせてごめんなさい

多分、15年くらい使っていると思われる、Canonの30Dというレトロな一眼が、上野キリン前でぶっ壊れる。なんとかオンオフであと半日持ってくれないかと、しばしエラー音をさせ、動物さん並びに観客の皆様にご迷惑かけたと思います!ごめんなさい。
早めに撤収し、レンズを買ったカメラのキタムラへ。旧式の機種を一瞥で、修理はできないとのこと。わかっていたので、至急何か代用中古をと、相談に乗ってもらい取り寄せることに。また今度のも修理対象外の旧式、けど30Dに比べたらずっと性能良い。安いkissなどだと、耐久性がないので、私のように雑に扱う人はすぐ壊すと指摘され、なるほど30Dちゃんが頑張ってくれたのは、ちゃんと重かったからなのね〜と感謝しつつ到着待ちに。

それまでデータが取り込めないのは困るので、リーダーだけ購入したら、今度は間違えて反対にねじ込み、針を折って使えなくしてしまったのだった。それは翌日(今日)朝イチでキタムラに持って行って「使えないんだけど」と見てもらい、判明。
どうにかこのデータだけでも取り出してくれないかとムシのいいこと頼んだけど、結局同じリーダーをもう1個買う羽目になった。自業自得のくせに、クレーマーのような勢いで入って行った自分が恥ずかしい。
猿山キッチンでランチ食べるの我慢した分だ!と泣く泣く言い聞かせて、先にデータは戻ってきたよ。
あれこれ痛い出費。私の身分で、うまくもないカメラの趣味に、こんな贅沢していいのか悩んで、しょぼん。